人気のおすすめCBDリキッドのランキングはこちら

CannaTech CBDカートリッジの口コミレビュー【スターターキット】

CannaTechは、日本のCBDメーカーの中では大手で、CBD原料の輸入〜CBD製品の製造・販売と一貫して手がげてます。
CBD製品も電子タバコが主力ですが、CBDオイル、CBDグミといったラインナップもあり、THCフリーの高品質な製品を展開しています。

そんな有名なCBDメーカーから発売された、CannaTechのスタータキットを実際に使ってみました。

CannaTechのスタータキットは、電子タバコを初めて使う人にオススメな「カートリッジタイプのCBD電子タバコ」です。

電子タバコは、構造の違いによって3つのタイプに分けられます。

  • カートリッジ式CBD電子タバコ
  • CBDリキッド式電子タバコ
  • 使い捨て式CBD電子タバコ

カートリッジ式電子タバコは、メンテナンスの手間がかからないので使いやすいんですね。

CannaTech CBDカートリッジを実際に使ってみた

CannaTechのスターターキットを実際に楽天市場で購入して、実際に使ってみました。

購入すると、以下の2つがセットになっています。

  • cbdリキッドのカートリッジ(CBD濃度50%)
  • CannaTechオリジナル CBDリキッド対応デバイス

まずは、cbdリキッドのカートリッジから詳しくみてみましょう。

CBDカートリッジ1本で、CBD濃度50%のCBDリキッドが1g(約60日分位)が入っています。
市販のCBDリキッドの平均的なCBD濃度は5%であること考えると、約10倍濃いのが特徴です。

配合されているのは、ブロードスペクラムCBDと呼ばれるハイスペックのCBD。
普通の単一のCBDではなく、CBD以外にもテルペンなどの成分を含んだスペック。

CBDって単一で摂取するよりも、ヘンプ(麻)に含まれる他の成分と一緒に摂取した方が効果が高まります(アントラージュ効果)。
だから、CBD濃度以上に、ブロードスペクラムCBDは体感性が高いのが特徴。

パッケージの裏面をみると、「NO VitaminE Acetate」と記載されています。

電子タバコによる肺損傷の原因が「ビタミンEアセテート」と言わているため、危険性が問題視されている成分です。

米国ではなんと2400人の患者さんが病院に緊急入院し、そのうち半数が集中治療室での治療が必要で、すでに52人が死亡し、大変な問題になった。

この原因が電子タバコによることは聞き取り調査などからわかっていたが、最終的な原因物質については特定に至っていなかった。

これに対し米国CDCが全力をあげて調査した結果が1月3日号のThe New England Journal of Medicineに発表された。

研究では患者さんの肺の洗浄液を集め、電子タバコに含まれており、しかも肺損傷を起こした患者さんだけに存在している化合物を探索し、51例中48人でビタミンEアセテートが含まれていることが明らかになった。

参考:電子タバコによる肺損傷の原因がビタミンEアセテートに絞られてきた。

CannaTech CBDカートリッジには配合されていないので、安心です。
補足しておくと、最近の電子タバコのリキッドには配合されておらず、日本で流通しているCBDリキッドには配合されることはあまりないです。


化粧箱の中身から取り出すと、黄色に輝くCBDリキッドが挿入されています。

今回選んだフレーバーは「OGKush」です。
OGKushは、ノンフレーバー系の中ではフレッシュでお気に入りのフレーバーです。

他にもフレーバーは色々あって、2020年10月現在では5種類のフレーバーがありますね。

  • Greencrack
  • OGKush
  • StrawberryCough
  • MasterKush
  • PineappleExpress


次に、デバイスをご紹介。
付属されていたのは、「AIRISTECH (アイリステック) airis Vertex 2.0」
CBD リキッド、CBD オイルでの使用に適したMODで、出力は 3 段階に切り替えることができ、最適な出力を設定できます。

  • Brand :AIRISTECH (アイリステック)
  • Item :airis Vertex 2.0 Vaporizer Pen (アイリスバーテックス2.0ベポライザーペン)
  • Thread :510 threadBattery
  • Capacity :350 mAhOutput
  • Voltage :3.4 V / 3.7 V / 4.2
  • VIncludes :1 x airis Vertex 2.0 Vaporizer Pen、1 x Micro USB Cable

充電器も付属されており、20〜30分で全開までチャージできます。

使い方も非常にシンプルで、ボタンを押しながら吸引するだけでOK。
ボタンを押す回数で、加熱温度を上げて、煙量を調整できます。

CBDに特化したデバイスだから、CBDが壊れる温度まで上がらないように最適化されているのが魅力の1つ。


それでは、早速、CannaTech CBDカートリッジを使ってみました。
CBD濃度が50%と濃いので、吸引回数は4回パフするだけで必要量が摂取できちゃいます。

吸引するときは、すぐに煙を吐き出すのではなく、5秒程度は肺に溜めることでCBDが体に取り込まれます。

初めて吸った時の感想は、味が鬼濃いってこと。
そして、すぐにリラックスできること。
やはり、いろいろCBDリキッドを試してきましたが、高濃度いいですね。

味は濃度が高いだけあって、草風味が強いですので、日常的にスパスパと吸うのに向いてないので、夜寝る前のリラックスにちょうどいいですね。

禁煙目的でスパスパ吸いたい人は、もっと低濃度のCBDにしておきましょう。

CBD製品にとって大事なアントラージュ効果はテルペンの種類・含有量に比例するのですが、CannaTechは凄くよかった。

やはり、テルペンの種類、濃度に拘ってるだけありますね。

いろんな種類のCBDカートリッジを試してきましたが、体感性にこだわるなら「CannaTech」オススメ。


ただし、初めてのCBDにはあまりオススメしないですね。
というのも、高濃度でキック感も強いので、慣れていないとめちゃくちゃむせます。

そのため、他のCBDスターターキットをオススメします。

CBDスターターキットおすすめ2020|初心者でも楽しめる電子タバコ10選

CannaTech CBDカートリッジの口コミを調べてみた

最初の慣れないで結構吸ってしまうと、もれなくむせます。これも洗礼と思うとご愛敬w
慣れると2パフほど口に軽く含んでから肺に吸い溜める感じ。
私はすぐにCBD感がやってきました。
とてもいい感じ。
これはリピートだな。

吸ってから喉の刺激が、高濃度である事が分かります。頭の中のゴチャゴチャが無くなり、とてもリラックス出来ます。睡眠に大変困っていましたが、本当に良い商品に出会えたと思います。

cbdを50%含んでいると謳っている通りなかなか重めの吸い心地です。
そのぶん効果もしっかり感じやすく調子に乗って吸いすぎるといつの間にか寝落ちしてしまっていたり笑
睡眠障害持ちなので助かっています。味が少し苦み強めなのですがそれを考慮した上で星四です。

ブロードスペクトラムって聞いたことがなかったのですが、ネットで調べて納得。テルペンが入っているので、チョット試しに購入しましたが、比較的クセもなくよかったのですが、さすがに高濃度の為か、肺がキツいですね。気に入りました。

CannaTech CBDカートリッジの付属物とスターターキットの価格

CannaTechのスタータキットは、上記(VAPE本体と、CBDカートリッジ)の2点がセットになって、通常8,960円のところ、セット購入で1,680円引きだから、凄くお得に購入できます。

送料込みで7,280円で、楽天スーパーセールなどでクーポンが出ていると、もう少し安く買えることもありますね。

CannaTech CBDカートリッジを、お得に購入する方法

「RELX CBD」をお得に購入する方法は、楽天市場で購入する事です。
現在は楽天内の販売のみとなっているようなので、VAPEショップでは見かけることはあまりないブランド。

そのため、楽天市場で購入をオススメします。