人気のおすすめCBDリキッドのランキングはこちら

CBDキャンディーおすすめ2021|自腹レビュー人気10選

CBDを配合した製品は、CBDオイル、CBD入り化粧品、CBD電子タバコなど数多くあります。
その中でも、CBDキャンディは、いつでもCBDを手軽に補給できリラックスできるのが魅力。

私自身はCBD電子タバコ、CBDオイル、CBDグミなど色々なCBD製品を試してきましたが、CBDキャンディーの良さが手軽さ!

CBDキャンディを食べながら、映画を見たり、PCで作業をよくするのですが、びっくりする位、リラックスして集中できます。

私が感じる、CBDキャンディのおすすめポイント

  • リラックスが、ジワジワと3〜4時間持続
  • 作業しながら、食べれる。
  • お菓子感覚で食べれるので、CBD特有の苦味がない
  • 個包装なので、運びできる

CBD博士

作業中に食べるのが最適なのが、CBDキャンディ。
価格も安いので、手軽に始めやすくて、オススメ。

CBD(カンナビジオール)は大麻(カンナビス)の草や茎、種子から製造される成分の1つです。

大麻って聞くと危険なの?と思うかもしれませんが、CBD成分に違法性もなく安全性も問題ありません。

日本で違法なのが、大麻草の主に葉っぱに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と言う成分を指します。
THCは精神に影響を及ぼす成分で、よくキマるとか言われます。
一方で、CBDは精神に影響が無く、「リラックスできる」といった効果が期待できる成分です。
日本で流通しているCBDは、THCFreeなので非常に安全です。

2017年11月に世界保健機構(WHO)、CBD(カンナビジオール)は機能性を認められ、一気に爆発的に広まりました。
その後、2018年から WADA(世界アンチドーピング機関)が CBD を禁止リストから除外したことでもアスリートの中でも存在感のある成分となります。

なぜなら、CBDは運動機能を高めるというような研究もあるからです。

ドーピングは、風邪薬すら飲めないほど厳しい条件の検査でドーピング基準で許可されているという事は、CBDがどれだけ安全かを考える上で参考になります。


この記事では、

  • 自腹レビューで、実際に使った上で評価する
  • SNS、楽天市場などの口コミで客観的に評価する

をもとに厳選した、おすすめのCBDキャンディーをご紹介します。

CBD博士

CBD製品の自腹レビューで50万円以上使ってきた私が本音でオススメを教えます!

先におすすめのCBDキャンディーを知りたい方は、「【cbdキャンディーおすすめ】自腹レビューで選んだ人気メーカー」からチェックしてみてください。

CBDキャンディーのおすすめ選び方

CBDキャンディーの選び方で大切なこと、3点あります。

  • 選び方1:美味しさ
  • 選び方2:価格
  • 選び方3:CBDの配合量

選び方1:美味しさ

CBDキャンディーを選ぶ上で大切なこと1つ目は、「美味しさ」です。

CBDキャンディーは作業に集中するために食べたり、映画をみながらリラックスするために食べる人が多いです。
毎日食べるものだから、美味しさが重要です。

私自身、いろんなCBDキャンディーを食べてきましたが、選ぶポイントで一番大切な要素と言っても過言ではないですね。

選び方2:価格

CBDキャンディーを選ぶ上で大切なこと2つ目は、「価格」です。

CBDキャンディーは毎日食べるものだから、価格が安いことも大切です。
価格が高いか?安いか?は、1袋あたりの値段だけでなく、CBD1mgの単価を意識して評価しました。

選び方3:CBDの配合量

CBDキャンディーを選ぶ上で大切なこと3つ目は、「CBDの配合量」です。

CBDキャンディー1粒あたりに、CBDがどれくらい配合されているか?というのが大切なんです。
CBDキャンディーの体感性に関わるのはなんと言っても体感性です。

CBDキャンディーに含まれるCBDの目安量としては、20〜40mg/日がリラックスに最適と考えられています。
その配合量を手軽に取れるか?というのを意識して、オススメのCBDキャンディーを紹介します。

また、自腹で全てのCBDキャンディーを実際に食べて、体感性がちゃんとあるか?も評価しました!

【CBDキャンディーおすすめ】自腹レビューで選んだ人気メーカー

【おすすめ1位】CHILLAXY(チラクシー)/CBDキャンディー

美味しさ お菓子感覚
価格 2200円(税込)
内容量 15粒
CBD量 10mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 一番人気のCBDキャンディ!

CHILLAXY(チラクシー)CBDキャンディーは、数あるCBDキャンディの中でも圧倒的にオススメ。

また、市販のCBDキャンディの中で、一番口コミ数も多く、人気のある「CHILLAXY(チラクシー)」です。

CBD特有の苦味は一切感じなく、グレープ味やコーラ味の普通のキャンディです。
食べやすさも非常に高いのですが、価格も1袋2200円(15粒入り)とコスパも高いです。

私は、PCの作業中には毎日2〜4粒くらいを目安に、すごく気持ちがリラックスして、集中できる点が気に入ってます。

CHILLAXY(チラクシー)CBDキャンディーは、低価格でコスパも良いブランド。
体感性も、美味しさもどっちも欲しいという人にオススメです。





>>>公式サイトで詳しくみる

より詳細は以下のレビュー記事へ

CHILLAXY(チラクシー)CBDキャンディーの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】CHILLAXY(チラクシー)
【価格】2,200円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】コーラ味、グレープ味

【おすすめ2位】CBDリビング /CBDキャンディ

美味しさ ちょっぴり苦味
価格 6980円(税込)
内容量 12粒
CBD量 25mg/粒
CBDの種類 ナノCBD
生産国 アメリカ
特徴 期待値No.1

CBDリビング CBDキャンディは、6980円という値段に目をつぶった場合、一番オススメのCBDキャンディ。

吸収率の高い特殊なナノ化されたCBDを配合しており、期待値No.1のCBDキャンディ。
実際に寝る前に使ってみましたが、質の高い睡眠がとれ大満足。

CBDキャンディの弱点は1〜2時間後に体感性がある点と、体感性の強度が弱い点。
そのため、CBD電子タバコの方が寝る前にCBDを補給する方が基本的には向いており、CBDキャンディは読書などのリラックスタイムという棲み分けがなんとなくあります。

しかし、ナノ化されたCBDを配合した本商品は、他のCBDキャンディと違った特別な存在。
CBDオイル、CBD電子タバコに抵抗感があるけど、睡眠のお供が欲しい。そんな人にオススメです。

CBD博士

楽天の口コミを見ても、本当に評判がいいです。

より詳細は以下のレビュー記事へ

CBDリビング CBDキャンディの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】CBDリビング
【価格】6980円
【CBDの種類】ナノCBD
【フレーバー】グリーンアップル、チェリー

【おすすめ3位】COCOROshower(ココロシャワー)/CBDキャンディ

美味しさ ミント味
価格 1480円(税込)
内容量 6粒
CBD量 20mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 一番人気のCBDキャンディ!

COCOROshower(ココロシャワー)CBDキャンディは、優しいミント味のCBDキャンディ。

1粒CBD20mg入りなので、1粒食べるだけでも、シッカリとチルできるのが魅力。
市販のCBDキャンディはフルーツ系の甘い味が多いので、スッキリとしたミント系のフレーバーは非常に珍しい。

商品は非常に良いのですが、ちょっと割高なのが唯一のネックです。

より詳細は以下のレビュー記事へ

COCOROshower(ココロシャワー)CBDキャンディの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】東亜産業
【価格】1480円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】Herb mint flavor

【おすすめ4位】SUNCBD/CBDキャンディ

美味しさ ちょっと苦い
価格 1,980円
内容量 10粒
CBD量 25mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 コスパNo.1のCBDキャンディ!

SUNCBD CBDキャンディは、コスパNo.1のCBDキャンディ。

CBD1mgあたりの単価を考えた場合一番安いのが魅力。
また、CBDキャンディ1粒に、CBD25mg詰まってるので、1日1粒だけでもチルできます。

一方で、CBDの含有量が多いため、CBD特有の苦味が少し感じやすいのがネック。

私はレモン味を食べてみましたが、、レモン味はあまりなく、少し甘めのキャンディという感じ。
CBD特有のピリピリ感はちょっと強めで、不味くはないですが、美味しさはそこそこですね。

より詳細は以下のレビュー記事へ

SUNCBD CBDキャンディの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】SUNCBD
【価格】1,980円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】レモン味、グレープ味

【おすすめ5位】#Chills(チルズ)/CBDキャンディー

美味しさ お菓子感覚
価格 2,580円
内容量 10粒
CBD量 15mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 味が美味しい

#Chills(チルズ)CBDキャンディーはコスパはちょい悪だけど。美味しいCBDキャンディ。

マンゴー味で美味しいのですが、CBD15mg/粒と少なめなので、1粒ではちょっと物足りないのがネック。
コスパもちょっと悪いので、特別オススメなCBDキャンディではないです。

より詳細は以下のレビュー記事へ

#Chills(チルズ)CBDキャンディーの口コミレビュー【フレークス】
商品情報
【ブランド】#Chills(チルズ)
【価格】10個:2580円(1個:約260円)
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】マンゴー

【おすすめ6位】#Geekes(ギークス)/CBDキャンディー

美味しさ ちょっと苦い
価格 1980円
内容量 10粒
CBD量 10mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 コスパ悪

#Geekes(ギークス)CBDキャンディーは、「コードとストレスと戦うエンジニアのためのキュアポーション」がコンセプトのCBDキャンディ。

CBD10mg/粒と比較的少なめのCBDキャンディで、作業中にピッタリ。
ただ、1粒あたりの価格が高いので、コスパは悪め。

ランキング1位の「CHILLAXY(チラクシー)CBDキャンディー」の完全劣化なので、特別選ぶ理由はないですね。

より詳細は以下のレビュー記事へ

#Geekes(ギークス)CBDキャンディーの口コミレビュー【フレークス】
商品情報
【ブランド】#Geekes(ギークス)
【価格】10個:1980円(1個:198円)
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】グレープソーダ風味

【おすすめ7位】WEENERGY CBDキャンディー

美味しさ お菓子感覚
価格 1,980円
内容量 10粒
CBD量 7.5mg/粒
CBDの種類 ブロードスペクトラムCBD
生産国 日本
特徴 まれに1000円で買える!

インスタでチラホラと見かける、WEENERGY CBDキャンディーは、若い女性に人気のCBDキャンディ。
お菓子のように食べやすいのに、CBDがちゃんと入ってるのが魅力。

味は美味しいのですが、弱点は、CBD7.5mgと少なめなので、2〜3個食べないと体感性が弱い点です。
まれに、楽天市場のセールで1000円と大幅安で購入できるので、その時はマストバイですね。

より詳細は以下のレビュー記事へ

WEENERGY CBDキャンディーの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】WEENERGY
【価格】10個:1980円(1個:198円)
【CBDの種類】ブロードスペクトラムCBD
【フレーバー】イチゴ、レモン、グレープ

【おすすめ8位】ataracia(アタラシア)/CBDキャンディ

美味しさ ちょっと苦い
価格 1,500円
内容量 10粒
CBD量 7.5mg/粒
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 一番安い、CBDキャンディ!

ataracia(アタラシア)CBDキャンディは、価格が一番安いCBDキャンディ。
1袋1500円前後と、手に取りやすいのは魅力です。

ただ、CBDの配合量が他のCBDキャンディと比較しても低く、CBD1mgあたりの単価で見ると、非常に割高なCBDキャンディ。
そして、べっこう飴のような淡白な味付けのキャンディーなので、美味しくないです。

より詳細は以下のレビュー記事へ

SUNCBD CBDキャンディの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】ataracia(アタラシア)
【価格】1,500円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】はちみつレモン+ジンジャー風味

【おすすめ9位】PROE CoBoD(CBDキャンディ)

美味しさ お菓子
価格 680円
内容量 1個
CBD量 30mg
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 珍しいスティックタイプ

PROE CoBoD(CBDキャンディ)は、コスパの高いCBDキャンディ。
1袋でCBD250mg配合されて、2580円はかなり熱いです。

ただ、スペックだけを見ると、SUNCBD/CBDキャンディの下位互換なので、特別オススメはしないですね。

より詳細は以下のレビュー記事へ

PROE CoBoD(CBDキャンディ)の口コミ・レビュー
商品情報
【ブランド】PROE
【価格】2580円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】ゆずミント味

【おすすめ10位】#Free/CBDスティックキャンディ

美味しさ スッキリとした甘さ
価格 2580円
内容量 10個
CBD量 25mg
CBDの種類 アイソレートCBD
生産国 日本
特徴 砂糖不使用

#Free CBDスティックキャンディは、チュッパチャップスみたいなキャンディ。

最大の魅力は、大玉のキャンディだからじっくり時間をかけて舐めることができる点。
1本を噛まずに舐めて食べると、1時間以上楽しめます。

ただ、他のCBDキャンディよりも値段がちょっと高めなのと、作業中に使いにくいため、個人的にはリピはないな〜ということでオススメ度を下げました。

より詳細は以下のレビュー記事へ

#Free CBDスティックキャンディの口コミレビュー
商品情報
【ブランド】#Free
【価格】680円
【CBDの種類】アイソレートCBD
【フレーバー】レモン味

まとめ

自腹の本音レビューで、オススメのCBDキャンディを紹介しました。

CBDキャンディと一言で言っても、CBDブランド毎に個性があります。

  • CBDキャンディの値段、コスパ
  • CBD配合量
  • CBD1mgあたりのコスパ
  • CBDキャンディの美味しさ
  • ・・・・

いろんな要素を考慮して、個人的におすすめは「CHILLAXY(チラクシー)CBDキャンディー」ですね!

CBDキャンディーの中でも、人気が非常にあるブランド。
コスパも高いので、オススメのCBDキャンディです。

CBD関連記事

CBDリキッドおすすめ2021|自腹本音レビューで選んだ人気メーカー38選 使い捨てCBDペンおすすめ2021|充電不要で手軽に楽しめる人気23選【スティック型】 CBDカートリッジおすすめ2021|高濃度で人気ブランド18選 CBDワックス,CBDジェルワックスおすすめ2021|自腹レビュー人気12選【最強高濃度】 コスパおすすめの安いCBDリキッド|4000円以下で買える人気16選

CBDキャンディに関する、よくある質問

Q.CBDの目安量は?

A.CBDの目安量があるわけではありません。
CBDの体感性は個人差があるので、CBD1〜100mg/日が目安と言われています。
どの量がいいかは、個人差が大きいので、CBDキャンディの食べる量を色々試してみてください!

Q.CBDキャンディの効果的な使い方は?

A.CBDキャンディの効果的な使い方は、ゆっくりと舐めて食べることです。

最後まで、CBDキャンディは噛まないように食べるのが大切です。
CBDキャンディを舐めて食べる方が、吸収率が高く、体感性が高いと言われています

Q.CBDキャンディと、CBD電子タバコ、どっちがオススメ?

A.CBDキャンディ、CBD電子タバコ、それぞれ役割が異なるので、オススメは使うシーンによります。

CBD電子タバコの魅力は、即効性。
そのため、寝る前に使う場合は、CBD電子タバコがオススメ。

CBDキャンディの魅力は、持続性。
映画を見たり、PCで仕事をするときなど、チルしたいとき、集中力を高めたいときに最適。

私は両方を使っていて、シーンによって使い分けて、CBDを愛しています。