人気のおすすめCBDリキッドのランキングはこちら

フルスペクトラムCBDと普通のCBDとの違いとは?効果的と言われる理由はコレだ!

CBD愛好家の中で、とりわけ人気なCBDといえば「フルスペクトラムCBD」ですね。

この記事にたどり着いた人の中には、CBDリキッドや、CBDペンを色々使ってみたけど、満足できなくなってきて「フルスペクトルCBD」に興味がある人もいるかもしれないですね。

一言だけ言わせていただくと、CBDを使うなら、絶対に「フルスペクトラムCBD」をオススメしますよ。

私はCBDを使い始めて一年位たちましたが、今はフルスペクトラムCBDを愛用しています。

いろんなCBDを使ってきた中で、やはり「フルスペクトラムCBD」は格別なんですね。
どうして、フルスペクトラムCBDは値段が高いですが人気がある理由について、解説していきますね。

フルスペクトラムCBDと、単一のCBDはどう違うの?

CBD製品の多くは、単一のCBDを配合しています。

CBDとは、麻に含まれる「カンナビジオール」という単一の成分を指しています。

一方で、フルスペクトラムCBDには、 CBD以外の麻に含まれる有効成分を含むってことですね。

例えば、フルスペクトラムCBDには、以下の成分を含みます。

  • CBC(カンナビクロメン),CBG(カンナビゲロール),CBN(カンナビノール),CBV(カンナビディバリン)
  • テルペン
  • フラボノイド
  • アルデヒド

上記で紹介した以外にも多くの種類の有効成分があり、一説には100種類以上カンナビノイドがあるとも言われています。

フルスペクトラム(Full Spectrum)とは?
フル スペクトラムは直訳すると「全範囲」という意味です。

麻に含まれるカンナビノイド(麻の有効成分)は100種類以上あると言われおり、そのうち現在最も有名なカンナビノイドがCBD(カンナビジオール)なんですよ。

フルスペクトラムCBDは、製法が特殊だから値段が高い

効果だけを考えるとフルスペクトラムCBDが良いのですが、値段が高いので手が届かないって人も結構します。

なぜそんなにも高いのだろうか?と思って、フルスペクトラムCBDについて調べたのですが、製法が特殊すぎるので価格が高い事が判明しました。

フルスペクトラムCBDは単一のCBDとは異なり、抽出方法も特殊です。
非加熱のままCo2臨界高圧にて成分を抽出、加熱成分破壊が無いのも特徴です。

一方で、フルスペクトラムCBDオイルではないCBDオイルはCBD結晶99% 精製したものをオイルに入れて70度の熱で溶かします。
だから、他の麻の成分が入っていないのです。

CBDはほかの麻の成分と相乗効果があるので、もったいないですよね。
つまり、麻の機能性を十分に体感するには、フルスペクトラムCBDが一番いいって言われています。

フルスペクトラムCBDがオススメな理由

フルスペクトラムCBDは単一のCBDと比較して、優れている点を紹介しましょう。

  • 理由1:フルスペクトラムCBDは、単一CBDよりも、体感性が高い
  • 理由2:フルスペクトラムCBDは、自然な状態に近い

オススメ1:フルスペクトラムCBDは、単一CBDよりも、体感性が高い

フルスペクトラムCBDは、単一CBDよりも実感できると言われています。

フルスペクトラムCBDの様々な種類の機能性成分を含むため、CBDと相乗効果を伴い良い結果をもたらしてくれます。
したがって、CBDの効果が高まります。

オススメ2:フルスペクトラムCBDは、自然な状態に近い

CBDは自然界に単独では存在しません。
一方で、フルスペクトラムCBDは、麻の成分をできる限り抽出してる事を考えると、より天然な状態な感覚が得られます。

テルペン,フラボノイド,カンナビノイドなどの重要な成分が多数入ってる事が、フルスペクトラムCBDの魅力です。

フルスペクトラムと似た、ブロードスペクトラムとは?
フルスペクトラムCBD以外にも、ブロードスペクトラムCBDもあります。

ブロード(Broad)を直訳すると「幅広い」という意味であり、フル(全部)じゃないけど、数種類はCBD以外の成分も含むよ!って意味ですね。

フルスペクトラムCBDよりも価格は安いので、単一のCBDで効果を感じにくいって人に支持されています。

フルスペクトラムCBDのデメリット

また、フルスペクトラムCBDの短所もあります。

デメリット1:フルスペクトラムCBDは値段が高い

フルスペクトラムCBDは、製法が特殊だから値段が高いです。

単一のCBDと比較すると、フルスペクトラムCBDは2倍くらい相場が高いです。

デメリット2:味と香りが、草っぽい

フルスペクトラムCBDは単一のCBDと比較すると、草っぽいフレーバーが強いです。
また、VAPEで吸引すると、喉がピリッと辛くなります。

私はフルスペクトラムCBDの風味は気に入ってるのですが、中には苦手だという人もいますね。

フルスペクトラムCBDのオススメなメーカーは、コレ!

フルスペクトラムCBDの特徴を紹介したので、最後にフルスペクトルCBDを使用したCBD製品を紹介します。

Pharmahemp(ファーマヘンプ)プレミアムブラック


フルスペクトルCBDで、一番有名なメーカーといえば「Pharmahemp(ファーマヘンプ)プレミアムブラック」ですね。

今までの色々なメーカーのCBDリキッドを吸ってきましたが、濃度は同じなのに吸った時の喉・肺へのキック感が違います。
めちゃくちゃ強烈で、ドスンときます。

リラックス効果が半端ないです。
CBD単体のリキッドとは全くの別物といっても過言ではないですね。

より詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

>>>Pharma Hemp プレミアムブラックの口コミレビュー【実際に1ヶ月使ってみた効果】

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)プレミアムブラックの口コミレビュー【実際に1ヶ月使ってみた効果】

AZTEC(アステカ)のフルスペクトラムCBDリキッド


AZTEC(アステカ)のフルスペクトラムCBDリキッドは、フレーバー付きのフルスペクトラムCBDリキッドで知名度のあるブランドです。

私が個人的に一番好きなのが、AZTEC(アステカ)のCBDですね。

実際に吸ってみると、肺に来るCBD独特のザワザワ感が強く感じますね。
メンソールを感じつつも、CBD特有の草っぽい感じがなんとも言えません。

より詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

>>>AZTEC(アステカ)のフルスペクトラムCBDリキッドの口コミレビュー【1ヶ月継続した効果は?】

AZTEC(アステカ)のフルスペクトラムCBDリキッドの口コミレビュー【1ヶ月継続した効果は?】

CBDFX Terpenes,VAPE使い捨てペン


CBDFX Terpenes,VAPE使い捨てペンは、フルスペクトルCBDを配合したペン型のCBDです。

メンテナンスフリーの使い捨てなので、初めてのCBDにオススメなんですね。
しかも、価格も安く、4000円程度で購入できるので、フルスペクトラムCBDを体感してみたいって人にもいいですね。

吸引したら自動でミストの出るVAPEなので、ちゃんと吸引してる感じがあります。
しっかり吸えばしっかり煙も出ますね。

より詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

>>>CBDFX Terpenes,VAPE使い捨てペンの口コミレビュー

CBDFX Terpenes,VAPE使い捨てペンの口コミレビュー【テルペン配合】

フルスペクトラムCBDに関するよくある質問

Q.ブロードスペクトルCBDと、フルスペクトラムCBDの違いは?

A.フルスペクトラムCBDは麻に含まれる全ての機能性成分が入ってる一方で、ブロードスペクトルCBDは多くの成分が入ってるということです。

フル(FULL)には全部という意味がありますが、ブロード(BROAD)には広いという意味があり、ブロードの方が狭い領域になります。

普通のCBDよりもブロードスペクトルCBDの方が効果は期待できますが、フルスペクトラムCBDの方がより強い効果が期待できます。

また、ブロードスペクトラムとフルスペクトラムは製法が異なることが、成分が異なる要員の1つです。

Q.テルペン入りCBDと、フルスペクトラムCBDの違いは?

A.全然別物と言えます。

フルスペクトラムCBDにはテルペンを含みます。
そして、テルペン以外の成分もたくさん配合しており、CBDとの相互作用が期待できます。
一方で、テルペン入りCBDには、テルペンとCBDの2成分しか入っていません。

そのため、フルスペクトラムCBDと比較し、テルペン入りCBDは劣ることが多いです。